インタビュー

2020.07.22

まんが表現学科

「駄作を描くことを恐れない」という考えが、
制作への姿勢の大きな変化に。

田辺 彩恵さん

まんが表現学科 2年生

山口県立徳山高等学校出身

編集部
神戸芸工大のオープンキャンパスは参加しましたか?
田辺
入学前に2回参加しましたが、在学生や先生方が積極的に話しかけてくださって、学校も人も明るい雰囲気という印象でした。スタッフの方が校内を案内してくださり、学内の雰囲気がわかったのも良かったです。機材の多さや、制作で使える場所の広さも魅力的でした。
それと、制作途中の作品を先生に見ていただけました。先生はみんなプロの方なので、しっかりとしたアドバイスをいただけたことがモチベーションアップにつながりました。また先輩方も、実際にどのような授業を受けているか、課題は大変かなどの相談に気軽に答えてくださったので、入学後のイメージをしっかりとつかめました。
編集部
実際に、まんが表現学科の授業はいかがですか?
田辺
熱意のある先生が多く、授業が刺激的で楽しいです。1年生の頃は自分の知識がまだ不足していたせいで、何を言ってるかわからなかったことでも、2年生になって実際に制作を進めていくうちに、「こういうことだったのか」と理解できたり、実感したりすることができています。
編集部
先生以外にも、学ぶ環境面で神戸芸工大の魅力はありますか?
田辺
情報図書館には技術書がたくさんあるので、助かっています。自分で知りたいと思ったことは、図書館に行ってすぐに調べられるので便利です。古いまんがも置いてあって、作品制作時に考えに煮詰まった時など、まんがを読むことでまた「描きたい」という気持ちになれます。先生のオススメ作品や、授業で扱ったまんがも読めるので、より理解と興味が深まります。
編集部
では、印象に残っている授業や作品制作は?
田辺
まんが表現学科オフィシャルマガジン「トビオ」の掲載作品を制作したことです。納得のいくまで何度もネームを書き直し、先生にもたくさん迷惑をかけましたが、実際に自分の作品が紙面に載っているのを見た時は、達成感がありました。
実は、それまで両親に自分の作品を見せたことがなかったんです。「トビオ」はWEBにも掲載されるので、初めて両親にも見てもらったんですが、「よかったよ」と言ってもらえて、とても嬉しかったです。両親以外にも、いろんな人から「見たよ」と声をかけてもらって、今後の制作の励みになりました。
編集部
周りの人に見てもらい、意見をもらうことが良い刺激になっているんですね。
田辺
1年生の頃は、最初から良いものを描こうと必死で、なかなか制作に着手することができなかったんですが、とにかく作品を描きあげて、人に意見を求めることが大切だと学びました。それによって、どんな風に描けば読み手の心をつかめるのかなど、まんがを読む側の視線も考えるようになりました。
大事なのは、「駄作を描くことを恐れない」ということ。今は担当編集者の方と一緒に、月に何本も描くようにしています。けっこうスパルタですが(笑)、自分自身の大きな成長につながっていると思います。
編集部
担当編集者の方との、まんが制作はいかがですか?
田辺
やっぱり趣味で描くものと、仕事で求められるものは違っていて、その境界線のつけ方を今は模索中です。でも、担当の方と神戸芸工大の先生方がアドバイスくださることは、同じなんです。実際にまんがを描いていると、「そういえばこれは授業で習ったな」と感じることが多く、神戸芸工大で得た知識や技術が、担当編集者さんとのまんが制作に実践として活かされています。
編集部
1年生だった頃と比べて、ご自身に変化はありましたか?
田辺
2年生になった今、いろんなことに興味を持てるようになりました。授業で習ったこと、友だちと話したこと、先輩に教えてもらったことを聞き流すのではなく、自分の視野を広げるために積極的に調べるようになりました。この1年でたくさんの人と知り合えて、世界が広がりました。まんがと直接関係がなくても、将来につながる経験になっています。
それから、単純に画力が向上したと感じます。1年生の時はとにかく課題が多く、毎日たくさん描いていました。その時の努力が、今のまんが制作にも反映されています。
編集部
では、今後の目標は?
田辺
読み切り連載でデビューすることが、今の目標です。将来はまんがに携わる仕事をすることが夢ですが、今やっていることが直接仕事にならなくても、この経験は必ずどこかで活きると思います。