インタビュー

2020.11.24

ファッションデザイン学科

「ブレずに自分の好きなものを作り続けてきた。」
憧れのファッションブランドへ就職、
その背景にあった「好き」への情熱。

福 晴佳さん

ファッションデザイン学科 ファッションデザインコース 4年生

兵庫県 松蔭高等学校出身

トリーバーチ・ジャパン株式会社内定

編集部
神戸芸工大のオープンキャンパスはいかがでしたか?
実際の授業風景を覗くことができ、その雰囲気や制作への取り組み方などを知って、自分がここで学ぶ時はどんな感じかをリアルに想像することができました。また、Tシャツをリメイクするワークショップに参加して、先生方や在学生の方々とお話しできる機会もありました。どんなことを学んでいるかなどを直接聞くことができたので、とても参考になりました。
編集部
実際に入学して、神戸芸工大を選んで良かった点は?
とにかく自分のやりたいことや、好きなことを追求できるところです。洋服を自分で作るための知識をひとつひとつ丁寧に学ぶことができ、時間をかけてじっくりと納得いくまで作品制作に打ち込むことができます。同級生の存在も大きく、こんな素材でやってみたら?とか、アドバイスし合ったり褒め合ったりして、互いに制作物のクオリティーを上げることができました。ゼミでも先生と学生たちで集まってディスカッションする時間があり、さまざまな情報交換をしています。
編集部
印象に残っている授業はありますか?
セレクトショップ「乱痴気」とのコラボ制作です。ワークウェアをデザインして制作し、プレゼンするという内容でしたが、今まで自分が触れてこなかったワークウェアというジャンルで、どこから手を付けたらいいのか悩みました。今まで以上にリサーチや先生方への相談を重ね、突破口を見つけることができ、結果として思い描いた通りの作品を完成させることができました。自分の中の引き出しが増え、作品制作のためにまずは資料を集めるなど下準備の大切さを知るきっかけになりました。
編集部
その経験は、今に活かされていますか?
卒業制作に取り組み中ですが、「縁」をテーマに、植物を抽象化したデザインをコード刺繍にしてドレスに表現しています。最初に自然や植物の写真を集めて、そこからデザインを描きおこしたのは、これまでの経験があったからです。昔から刺繍が好きで中学生ぐらいから作り始め、大学2年生の時に初めてコード刺繍にチャレンジしました。ずっとブレずに自分の好きなものを作り続けてきたことや、服作りを楽しいと思える気持ちが、今の制作に繋がっていると思います。
編集部
就職活動はどのように始めましたか?
大学のキャリアサポートを利用しました。就職活動はもちろん初めてのことだったので、履歴書の添削をしていただいたり、相談に乗っていただいたりして、とても心強かったです。大学から合同説明会の情報をいただき、そこで出会ったのが現在の内定先でした。実は高校生の時から憧れのブランドで、実際に説明会やインターンシップに参加し、そこで働く人々や雰囲気に魅了され、ここしかないと志望しました。
編集部
就職活動を通じて、自身の変化や成長は感じましたか?
インターンシップに参加したことは、自分にとって大きな経験になりました。サポートを受けながら販売員としての実際の仕事を体験させていただき、社会でのマナーを学ぶことができました。また仕事をする上での責任感や、人付き合いの大切さなどを感じ、同時に自信を持って人前で話すことができるようになりました。今までは何に対してもどこか自分をセーブしてしまうところがありましたが、もう一歩踏み込んでみようと前向きな気持ちになりました。
編集部
内定先での現在の目標を教えてください。
まずは商品の良さやデザイナーの想いを、お客様にしっかり伝えられる接客を目指したいです。それと自分で作る大切さも忘れないように、好きなものを今後も追求して制作を続けていきたいと思っています。もし途中で迷うことがあっても、続けていれば必ず最後には自分のやりたいことに辿り着けると、神戸芸工大で学ぶことができました。この大学では他学科の授業も受けることができるので、新しいことと出会ったり、自分の「好き」を探せたりする場所だと思います。